DXC Japanブログ

DXCテクノロジー・ジャパンのCTOやエンジニア、そして世界各国 のDXCの専門家が、 日本、そして世界における最先端の取り組みについて発信するブログです

Computer desk

ハノーファーメッセ 2019 を振り返る ー 協調・競争領域が明確に

DXC-Blog_japan_article3

製造業界向け屈指の展示会「ハノーファーメッセ」 2019年4月1日から4月5日まで、製造業における世界最大の展示会(トレード・ショー)の一つ、ハノーファーメッセ(Hannover Messe Industrie: HMI)がドイツ、ニーダーザクセン州の州都ハノーファー(ドイツ語発音。英語ではハノーヴァー)にて今年も開催されました。ドイツの国策INDUSTRIE 4.0に沿った成果をお披露目する位置づけとなっており、各社の動向を集中して効率的に知ることができます。

ITサービスベンダーが「デザイン思考」を使うとき

「デザイン思考」が、巷で流行っているようです。関連書籍も多く出版され、解説動画も多数アップされています。 DXCテクノロジー・ジャパンでも、もちろん力を入れています。既にお客さま向けにワークショップを実施している海外メンバーを日本に呼び、ファシリテーターを育てています。

クラウドのデジタル運用モデルに移行するための6つのステップ

composable infrastructure concept

クラウドへの移行は簡単なはずだったのでは?そうであればなぜ多くのIT管理者が、これまでにIT環境の変更プロジェクトを経験していても、クラウドの導入が予想よりもはるかに難しいと感じるのでしょうか? 大きな理由の1つは、クラウドへの移行がこれまでとは違う全く新しい種類の環境の変化をもたらすからです。クラウドはITを大きく変えるだけではありません。ほんの数年前まで想像すらできず、現実的ではないと思われていたようなビジネスモデルまで実現可能にします。

「デジタル化を推進せよ」と仰いますが

「デジタル」という言葉の氾濫 「デジタルイノベーション室」「チーフ・デジタル・オフィサー(CDO)」「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」などなど、「デジタル」という言葉は、昨今カッコ良く使われているようです。 しかし、少し冷めた眼で見ると、文脈によって、かなり異なる意味で使われていることに気が付きます。これは、その文脈での対義語を考えると、とてもわかりやすくなります。