第3回【セキュリティとDXC】セキュリティ運用の質を高める「ASO(アカウントセキュリティオフィサー)」とは?

セキュリティリスクの高まりが指摘される一方で、企業におけるセキュリティ人材の不足はなかなか解消されないままです。マネージドセキュリティサービス(MSS)は、そうした企業にとってまさに救世主となりました。MSSのセキュリティ専門家が、365日24時間の監視体制で問題やリスクを検知し、これをいち早く通報することでビジネスに影響が及ぶ前に問題に手が打てるようになっています。

第2回【セキュリティとDXC】テレワークで明らかになったセキュリティリスク・・・対策の優先度をどう考えるか?

リモートワークが一気に加速し、私たちが業務やコミュニケーションのために常時インターネットを利用する状況があたりまえになりました。世界的な感染症の流行拡大は、準備不足のまま在宅勤務に突入したオンラインワーカーの増大とともに、様々なセキュリティリスクを顕在化させています。今日ほどセキュリティ対策の重要性が注視されている時代はないかもしれません。 リスクが顕在化する理由のひとつは、オンラインワーカーの増大が攻撃者にとって格好の標的になっていること。これに対して、

第1回【セキュリティとDXC】「万全なセキュリティ対策」が、「残念なセキュリティ対策」になっていませんか?

DXC-Blog_japan_article_8

スマートフォンの導入、リモートワークの推進、ISO27001(ISMS)の導入やNIST SP800への対応――情報セキュリティ対策は、企業をとりまく環境や状況の変化に伴い常に見直しを迫られるようになりました。緻密な準備を経て整えられた「万全なセキュリティ対策」が、明日には「残念なセキュリティ対策」になっても不思議ではありません。あなたの会社では、次のようなことが起こっていませんか?